大腸がんの早期発見は大腸内視鏡検査で

大腸内視鏡検査

最近は大腸がんにかかってしまう方も非常に多くなりました。
実際の所、大腸がんは胃がんよりも多くなっている現状があります。
大腸がんをどうして見逃してしまうのか、理由は、転移するまで、特に目立った自覚症状が無いという部分があります。
つまり激しい腹痛などが無かったり、違和感を覚えないという事があるのです。ですから、もし自覚症状が起こって、検査をしたら大腸がんだったというケースは多いのです。
それから治療をしようとしたとしても、手術をした後に転移をしてしまう事も多いのです。

そうなると問題になるのが、莫大な治療費用ではないでしょうか。
そうなると、治療が出来なくなってしまい、生存率が低くなるという悲劇もあります。
だから、大腸がん等の発見はとにかく早期発見というのが、勝負の分かれ目になるのではないでしょうか。
発見するには検査をしなければなりません。
その方法の1つとして、大腸内視鏡検査があります。
この内視鏡検査でしか、大腸がんの予防や、早期発見をする方法は無いのです。

新日本橋石井クリニックでは、日本最先端の無痛内視鏡検診技術を持っています。それにより大腸がんの早期発見を成功させています。
この無痛内視鏡とはどういった物かというと、まずは鎮静剤を静脈に投与します。
それにより意識レベルが低くなります。その状態で検査や治療を行う方法なのです。
麻酔と違う所は、意識は完全に消える事はありません。呼びかけに答える事も出来ます。
他にも、声をかけられて、自分で動く事の出来るぐらいの意識レベルなのです。

投稿日: